スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ  at 

2016年10月22日

HMMWV PARTS  SALE 情報 お見逃し無く!

暑さ寒さも彼岸までと言いますが、

めっきり涼しくなってきた今日この頃

皆様いかがお過ごしでしょうか、あ、ここまでは

既にFBの方にアップしたのコピペでしょうって?正解です。


FBの方ではお知らせしてますが最近また少しずつヤフオク店のほうにも出品再開してます。

輸入規制の厳しくなってなかなか商品の供給も滞っておりましたが、
いくつかの新たなソースも確立できてきましたので、ゆっくりと再開しております。

今回は倉庫内の整理もかねて、プライスダウンで在庫のものを販売させていただきます。

現在ヤフオクに出品しているもので気になる商品ございましたらメッセージお願いします。
まとめて数点お買い上げいただきましたら特別価格で販売させていただきます。

中にはもう二度とこの価格では入らない物も多数ありますのでこのチャンスを是非お見逃し無く!

また、出品していない商品もまだまだありますので、

お探しの商品ありましたらお気軽にお問い合わせ下さい。
http://sellinglist.auctions.yahoo.co.jp/user/hmmwv44jp



これはおススメその1、新品で箱入りですが、検品したところジョイント部分のゴムが切れている物も、
でも安心してください、ゴム有りますから。下の写真を見てください。

ご自分で処理される場合にはラバーシートをカットしても対応できるとおもいます。

これは意外と便利なフックを掛ける収納式のヤツです。トランポなんかでタイダウンするとき、フロアやピラーにつければ、
邪魔なときにはフラットになってるし、はじめてみた米軍放出の便利グッズです。






アンテナ、うっかり折ってしまいがちなロッドの実も入荷です。無線関係も厳しくなりましたね。この機会に是非!

程度もこの通りきわめて良いです!







こちらも新品です。これも新品はめったに出ませんのでこの機械をお見逃し無く!!































車検対応ではありませんが、5セット以上お買い上げいただきました皆さん
車検問題なく通ってるそうです。

今回は12V用ですので、H-1や7インチのシールドビーム使用の車なら
劇的な明るさが手に入ります!
特にシールドでしたらハロゲン?いやHIDを超える明るさを手に入れられますよ!!
しかもハイロー切り替え可!!

立ち上がりもHIDのようにモヤ~っではなくLEDですからビカビカとすばやく点灯します!!









他にも沢山出品してない物もございますのでお気軽にお問い合わせ下さい。


  

Posted by HMMWV44  at 21:43Comments(0)部品

2016年04月12日

SALE情報

桜舞うこの季節皆様いかがお過ごしでしょうか?


突然ですが
おかげさまで5周年を迎えるにあたり

ちょっと在庫の整理を思い立ちました。

詳細についてはおってご案内させていただきます。


現在国内で在庫している物に関しては
ヤフオクのほうにアップしていきますので暫くお待ちください。

また、載せてない商品でも、在庫の有るもので
すでに見に来られており、ご購入を検討いただいてる方は
お早めにメールもしくはメッセージにてご連絡ください。

タイヤのような消耗品はかなりお得だと思います。

まずは取り急ぎご案内まで。



  

Posted by HMMWV44  at 11:35Comments(0)部品

2015年11月06日

M1025 SOLD  !!

先日ご紹介しましたM1025

新たなオーナー様のもとに引き継がれました。










また新たな情報がありましたら紹介させていただきます。



  

Posted by HMMWV44  at 00:03Comments(3)HMMWV

2015年08月05日

【緊急】如何でしょうか?M1025【速報】

M1025を手放されるお客様からご連絡頂きました。

車両は非常に大切にされて程度は申し分ないです。

現在足立区8ナンバー登録、車検も有りますので名変してすぐに乗れます。

オプションも充実しておりますのでスラントバックをお探しの方には非常にチャンスだと思います。

現オーナー様、今回諸事情により手放される事となりましたが、引き続き大切にしていただける方にお譲りしたいとのことです。

国内でM998から1025仕様に変更されています。ご希望でしたらM1025のデータプレートもございます。

既に数名の方からお問合せいただいておりますので、早めに決まってしまうかと思われます。

が、ご興味ございましたらメッセージをお待ちしております。











なんでしょう、このあっさり感・・・

業務連絡?そうです。

今回はあっという間に決まってしまいそうな物件なので、とりあえず急いでブログにもアップしました。

今回は取り急ぎ用件まで、



尚、ブログよりもレスポンスが早めの

FACEBOOKページもございますので宜しかったらイイネよろしくお願いします。

 (写真アップするのが簡単だからまずは先にあげてるだけですが・・・) 

https://www.facebook.com/Slantback

フォローいただけるとタイムリーな情報をいち早くゲットできるかもしれません?

ヤフオクにもチョコチョコと乗せてますので見てみてください。


お探しの部品もございましたらお気軽にお問合せください。











  

Posted by HMMWV44  at 22:29Comments(2)車両

2015年05月20日

【速報】 M998 FOR SALE 【極上】

 
目に青葉 山ホトトギス 初鰹

みなさん 今年もそんな季節になりましたが、いかがお過ごしでしょうか?

鰹食べましたか? 

最近SNSなどで、フレンズたちがフレッシュな鰹の写真をのせて、ハツガツオナウ!とかの写真アップしてるのを見るたびに

美味い鰹のお刺身が食べたいと思うのですが、そんな時間には たいてい、既に美味しい鰹のお刺身の食べられる時間帯じゃないんです。

そんな時間に居酒屋に一人で行っても、足の速いカツオ君は たいてい、「ごめんなさい、今日は終わっちゃったんですよ」となってるし

しかたなく、あ、話の途中ですがちょっと長くなるので、興味のない方は下の写真のところまで飛ばしてください。

まぁ、それで仕方なくマグロとなんかオススメの刺身でお茶を濁して煮え切らない思いを抱えたまま、
また次の鰹ピークまで悶々と過ごすのです。

しかし、じゃぁ仕方ないからと深夜まで営業してるスーパーとか行くじゃないですか、そこで売れ残ってる草臥れたパックのお刺身を買って
ひとりでテレビ見ながら家族の寝静まった家のリビングで晩酌してると、どんどん悲しくなってくるわけですよ。
例えて言うなら 数千円ケチってピンサロ行ったけど結局抜けなかったみたいな、やっぱ本能に正直に欲望に従順にソープにしておけばよかったじゃないか的な

薄く切られて黒味の増した、ドリップで美味しいところ全部大根のツマに吸い取られちゃったような、それが鰹の一部だったという名残はもうパックの印字シールを見なければ判別不可能な魚の切り身に、ぽんずだろうが、にんにくだろうが生姜だろうが、あとはマヨネーズだろうが、何をもって取り繕っても決して心は満たされないじゃないですか?(と問いかけてみる)

私は、そう、あの肉厚で、隠し包丁の入ったメタリックな皮の程よく残る、切り口はエッジの利いた、箸でもつとずっしりと来る様な、一口でほおばると口の中いっぱいにうまみが広がるような、そんな鰹のお刺身が 「今」 食べたいんです!!
なんて、これを書いてる時間はもう既に23時過ぎ、おそらく深夜営業のスーパーの見切り品コーナーにさえ残ってないと思われるので、
今夜は諦めざるを得ません・・・


あと、鰹でもう一つだけお伝えしたい事があるんです。

酒盗ってあるじゃないですか?鰹の内臓の塩辛、アレをですね、鰹の刺身に掛けるんです。というか合えるんです。

欲を言えば半日くらい寝せるのです。刺身は適当に細かく切り、(個人的にはモスのポテトくらいの太さがすきです)

酒盗とあえて冷蔵庫でちょっと落ち着かせると、離れ離れになった身と贓物の感動的な再会ですよ。

元々は同じ魚の一部同士、なじまないわけが有りません。

まさにアミノ酸 X アミノ酸の究極のマリアージュ!!!

一度離れ離れになった二人が再び、あの大海原を我が物顔で泳ぎまくっていた頃の栄光を!

お互い歩んできた道は違えども、こうなれる日を信じてきた!!

お酒も猛スピードですすみます。 もはや超酒盗!いや酒強盗!!

あ、もちろんご飯にも合いますので、〆のお茶漬けにもオススメです。




さて、お待たせしましたここからが本題です。 はい、一般の方はコチラからご覧ください。

本日某オーナー様よりご連絡いただきまして、ずっと大切にされてきたM998を手放されたいとのことですので、
取り急ぎこちらでご紹介させていただきます。

まず、ちらの車両は非常に程度が良いです。

ご購入後国内にて重整備されており、何の問題も無く日常の足として使えます。

各所OH済み、剥離後全塗装するなどかなりしっかりとメインテナンスされている1台ですので、安心して乗れる1台としてオススメします。

ホロソフトドア1式新品で付けてますが、そのほかにもカモのUSEDソフトトップのもあるそうです。

そのほかにも8ボルトのホイル4本セットもお付けしていただけるそうです。

手間とお金を惜しまずに重整備され、大切にされてきた1台、ご興味のある方は詳細はメールにてお問合せください。

車両は都内にございます。






去年のGWに茨城県までお越しいただきましたときの写真です。




新品のソフトドア、後部のソフトトップも付いてきますが、このままでスペシャルフォース仕様もカッコいいですね。





室内もとても綺麗です。





ハイバックシートへの交換もご相談ください。




エンジンミッション機関は一通りOHなど整備済みですので安心です。





CARC全剥離して再塗装がどれだけ価値ある一仕事かお分かりいただけるかと思います





足回りも一通り整備済み日常の足としてもご利用いただけると思います。









円安の今、海外から輸入しても割高になってしまう左近、コレだけの重整備をされている車両でこの価格なら確実にお値打ちだと思います。

詳しくはお問合せください。

ちなみに私は鰹にはにんにく派ですが、芽の部分を取ってからおろしてくれない嫌だとか我侭を言うと嫁がとても面倒くさそうな顔をするので

自分で摺る派です。
  

Posted by HMMWV44  at 23:18Comments(3)車両

2015年03月26日

暑さ寒さも彼岸まで

大変長らくご無沙汰しております。

このような全く放置状態の拙ブログへでも
毎日多くの皆様がお越しいただいてることに
感謝の気持ちをここら辺で一つお伝えしなきゃいけないと
思いつつも時のたつのは早い物で、
あっという間に桜の季節になりました。

皆様におかれましてはますますのご健勝の事と存じます。

まだまだ、朝夕の冷え込みも厳しい日も続きますので
どうぞ花粉症に負けず、
ご自愛くださいますよう心よりお願い申し上げます。


と、挨拶だけで〆てしまうのはなんですので、


久しぶりに近況報告を少々させていただきます。


最近は引き続きご注文を頂いたお客様へ部品のご案内をさせていただいておりますが、
皆様ご存知の通り、今はだらだらと円安ドル高の為替が永きにわたり続いておりまして、
これは輸入の面では非常に向かい風になっております。
たとえば、
4万ドルの車両で良い出物が有ったとします。
数年前、このブログを始めた頃は1ドル75円前後、日本円にするとちょうど300万円、
そころが今の122円のレートですと同じ4万ドルの車両を購入しようとしても488万円
なんと188万円も高いお金を払わなければ同じ物が変えないご時勢なのです。

ということで、どうしても今欲しい、今必要、というお客様以外にはこのことをご説明して
もう少し為替がせめて100円切る頃までお待ちしたほうが宜しいかと、と、オススメしています。

部品にしても高額な部品に関しては同じく、これはドル建てで支払う送料他諸経費にも関わってくるので
3年前に輸入して在庫を持っている商品が売り切れて、新たに輸入しようとしても確実に割高になってしまうという事です。

車両の何百万というのはいまいち現実味が沸かないかもしれませんが、部品でも3万円で変えたものが、
4万8千8百円、1万8千8百円も高くなってしまうという事です。
1.5倍以上ですからね。
勿体無いです。

でも今必要な場合は仕方無いのでご了承いただくしか有りませんが。

こちらからご提示させていただいたお見積もりに対して、ここからどれくらい安くなりますか?
というご質問も頂きますが、諸経費に関しては若干多めに試算してますので、実際に見積もりよりも安く輸入できた場合には
勿論実費以外はお返しいたしますが、逆に安く見積もって追金で結果的に予想以上に高くなってしまうよりは良いかと思いますので、
念のためこれくらいはご用意しておいたほうが宜しいですよ、と云う金額を提示させていただいております。

さらに高額な部品や車両ですと、送金や保険などのリスク、搬送に関しても運の良し悪しでは済まされない問題も起こりうるので慎重に対応させていただいております事をご了承ください。


ということで、年末年始にご購入いただいた商品を発送した際に

実際にご注文いただくとこんな風に届きますという例です



防弾ドア4枚セットです。
ご購入ありがとうございました。
まずは高圧洗浄機で綺麗にしながら検品です。




エアパッキンで包んだ後薄いベニヤ板で養生しダンボールでマキマキします。




こんな感じで発送はヤマト便で送らせていただいてます。
特に大きな物は今のところヤマト便が最安で安心だと思ってますので、
他の業者でご指定がある場合には対応しますのでお申し付けください。
大体ドア4枚で日本全国1万円以内で送れると思います。





リアゲートもこんな感じです。

ということで、ご注文いただいた商品は大切に全国へと発送させていただいております。
また、直接お引取りにいただければ梱包の手間が省けますので、
その分心ばかしではございますが、おまけさせていただいております。

イスラム国や過激化するテロの報道に心痛める日々ではございますが、様々な規制も厳しくなるなか、
粛々と活動しておりますのでこれからもよろしくお願いします。



水面下ではイロイロと面白い事も動いてますので、ご期待ください。

また、お探しの部品などございましたら、お気軽にお問合せください。








  

Posted by HMMWV44  at 14:54Comments(0)部品

2014年09月30日

私信


~お知らせ~

現在Yahoo!メールにアクセスできません
9月30日(火) 午前9時20分ごろより、一部のお客様におかれまして、Yahoo!メールにアクセスできない事象が発生しております。
現在、システム復旧に向けて対応を行っております。ご不便をおかけし誠に申し訳ございません。
______________________________________________________




部品のお見積もりをさせていただいておりますお客様にこのばを借りてお詫び申し上げます。

Yahooメール不具合で開けなくなっとりまして、
他のメーラーで送るにも開けないのでお客様のメールアドレスも分からずお返事できない状態が今朝から続いております。
復旧次第返信させていただきますのでもうしばらくお待ちください。




という私信から始まる9ヶ月ぶりのエントリーです。皆様いかがお過ごしでしょうか?


放置プレイにも程がある、ブログ遺棄だ!などとお叱りを受けておりますが、水面下ではちゃくちゃくと(コソコソと?)活動しております。

疑問質問などございましたらお気軽にメッセージくださいお待ちしております。

それでは皆様、朝夕涼しくなってきましたので、風邪などひかないよう、ご自愛ください。

  

Posted by HMMWV44  at 21:59Comments(2)

2014年04月24日

1台ナント27000円から!!

大変ご無沙汰しております。
桜の季節も過ぎ、あっという間にGW突入秒読み段階の今日この頃
皆様いかがお過ごしでしょうか?
こちらのブログも年2回更新ペースになってしまってますが、
もうすこし時間の余裕ができましたらもうちょっとまめに更新できるようにがんばりますので
よろしくお願いします。

さて、最近も何人か初めてお会いする方に「スラントバックっていうブログ見たことありますか?」
と、逆に聞かれ、「すみません、それ僕が中身の人です・・・」などと恐縮しながら世間を騒がせてますが、
最近更新しないんですか?の声にはなかなかすっきりしたお返事ができずに申し訳ございませんでした。

まぁ、ブログというきわめて個人的なお話や考えを一方通行片道切符で記しているわけですが、
この更新してないブログにも毎日数十回のPVが有るのを見て、見に来てくれている方には申し訳ない気持ちでいっぱいです。
また、気にかけてくださり、心配して連絡までいただいた方々には感謝しております。ありがとうございました。

最近、というか去年ごろから何人かのちょっと考えさせられるお客様とのやり取りがありまして、
正直な話そちらの対応に非常に時間をとられ、限られた時間の中で本業、家族との時間、趣味の時間の比率のうち
完全に趣味の時間内で収まらないようになってきたので、これ以上の問題が増えても対応できないと思い
しばし整理に専念させていただいておりました。

これはあくまで私の考えですので、まぁ、興味ない人は読み飛ばしてください。
(興味の無い人にとって一番伝えたいことでもありますが)

まず、私は思うのですが軍用車や軍の放出品は国産乗用車の中古車や中古部品を購入する感覚では
付き合えないということをご理解いただきたいです。

普通に考えても採用されたのが30年も昔、現在も現役で活躍しているので錯覚しがちですが、基本的には旧車です。
軍用車は戦争をするために国の威信をかけて開発採用しているので、乗用車などの市販車よりもある意味コスト度外視です
丈夫なのはきちんと整備し、消耗品を正しいサイクルで交換してメインテナンスしてあることが大前提で、乗りっぱなし放置しっぱなしでは
正しく動きません。
壊れます。
頑丈というのはぶつけたり、撃たれたり、荒地を走破するためには極限の頑丈さを備えていますが、
雨ざらしでおけばさびますし、油脂類が切れれば焼きつきます。これは機械としてはごく当たり前のことでこの当たり前のことが対処できて
はじめて楽しい趣味の世界を満喫できると思ってます。しかし残念なことにこれを理解いただけないオーナー様もいらっしゃる。

部品に関しても高いとお叱り頂いたり、こんなのアメリカでは10分の1で売ってるのに、ぼったくりすぎなどとも言われましたが
是非そのような方にはご自分でお取り寄せ頂けたらと思います。もし魚屋さんで売っている魚が高いと思ったらご自分で釣りに出かけることを
お勧めします。もしかしたら私よりも格安で購入する方法があるかもしれませんので、成功した暁にはご連絡いただければ私も購入させていただきたい物もあるかもしれませんのでよろしくお願いします。

修理に関しても経験のある職人と必要な設備があってはじめて正しい作業が行われるのであって、
そこは軍用車、戦場で最低限な工具でも整備できないとこまるので整備製は良いのですが、ちゃんとした設備で整備したほうが
確実に早く正しくそして結果的に安く仕上がります。たとえば工具ひとつでもエアツールとコンプレッサーが有るだけでネジ1本外すのに掛かる時間と労力は計り知れないほど軽減されますし、必要なテスター、細部を照らす照明ひとつでも無いと不便なものです。
もちろんご自分で整備を楽しまれる方も大勢おられますので、一概には言えませんし私も古いイギリス製のバイクと20年以上お付き合い
しているので自分で手を汚して整備する楽しみも理解しています。
ただ、ご自分では一切手を汚さずに機械の仕組みを理解しようともせずに状態の良い軍用車に乗ろうとすればお金を払って整備をしてもらうしか
無いと思います。

たとえば、あるお客様がお探しの車両をもう一人のお客様が持っておられて、お譲りしても良いということでご紹介しました。
オーナー様が私の紹介でしたらお値段は○○万円くらいで良いですよ。とのことでしたので
そのままの金額を購入希望者にお伝えすると納得されて後日車を確認され、とても程度の良い相場的には倍以上の価格でもおかしくない掘り出し物の車両を破格で購入されることになりました。
その際にオーナー様が長期動かしていなかったのでパッキン、樹脂部、油脂類など消耗品の交換と基本整備をしてからお渡しするので
長く乗っていただくためにも若干お金はかかりますが整備してからお渡ししますと提案するされましたが、
購入者は自分で何とかするので余計なお金は払いたくないと整備を断られました。
まぁ、エンジンもかかり、車庫からちょっと動いたので車両の程度からも基本整備だけで問題もないように思えたので、
結局現状で購入を決断され後日ローダーを手配して引き取りにこられました。
もちろん私は仲介料、手数料など一切頂いておりません。(ここは大事なところです)
結局最後にお支払いの時点で強引な値引き交渉をされ1割も値引きされたということを聞いてちょっとびっくりしました。
結果売主に購入者を紹介した私も申し訳ない気持ちでなんとも後味の悪いお取引となりました。

しかしこの件はそれだけでは収まらず、購入されて1年経った今でもエンジンがかからず野ざらしで乗ることもできない状態で居るそうです。
聞いたところによると引取りにこられた時にローダーに乗せる時点でエンストしましたがそのままエンジンが掛からずひきとっていかれたそうです。
その後も雨ざらしの駐車場で整備の出来るご友人に出張してもらいコツコツと整備をしているそうですが、
購入から半年後、原因の部品が特定できたそうでその注文を頂きました。(まぁ、普通にショップに入れていれば1週間もあれば特定できたかと思いますが・・・)
さらに驚いたことに、元オーナーにその部品の購入費用の半分を負担してもらったと聞いてあいた口がふさがりませんでした。
流石にこれには元オーナー様もウンザリされてもう今後は関わりあいたくないとこぼしておられました。

もし最初に購入の際に無理な値引き交渉をしてなかったら、散々忠告したのにもかかわらずご自分で整備をされると意地にならず、
元オーナー様のお世話になっているショップで基本的な整備点検をされていたら、
おそらく今頃きっと乗りたいときに乗って天気のいい日にはドライブやイベントなどにも出かけられていたかと思いますし、
1年間不動車の為に高い駐車代を払い続けてることも無かったろうと思います。

元オーナー様にとっても同じ趣味を持つもの同士として困ったときには手を差し伸べてくれていたかと思います。
購入された方はさぞ安い買い物が出来たと最初は喜んだのかもしれませんが、お金では買えない大切な物を失ったことに気がついてほしいものです。(という例えばの話でした)

もうひとつの例は無駄に急いで損をするという件です。通常私は現地で倉庫を借りてそこに荷物を集めて、ある程度纏まったら船便で
送らせます。そのほうが保管料を払っても運賃が安くなるからです。特に大きな部品は航空便で送らせると非常に高くつきます。
商品代プラス運賃など諸経費でお手元に届くころには総額で現地での購入価格の3倍にもなってしまうこともあります。
一刻も早く部品がほしいという気持ちはわかりますが、もう少し余裕を持ってご相談いただけましたら最終的に半額ほどで購入できる場合もありますので、特別な事情が無い限り特に大きな部品、重い部品はお時間を頂けたらと思います。

また、軍の放出品では良くあることですが、大量に放出されたときには市場価格がとても安くなりお買い得ですが、一旦流通量が少なくなると在庫しているショップは割高な所しかなく、買いそびれると高い代金を支払うことになります。その逆もありで、ある日、軍の大量放出があった相場価格が崩れ10分の1程で売りに出ることもあります。これは見極めるのは難しいんですけどね、

最後に自分の車両のことですが、3年越しで現地でレストア準備をしていた車両も先日めでたく買い手が着きドナドナされていきましたので、次期車両購入のため物件探しを始めました。また良い情報が在りましたらブログでも紹介していくつもりです。

今回はお金には代えられない人と人との繋がりの大切さ、もちろんお金を解した場合の責任の重大さを身にしみて感ました。

これからも皆様がよりすばらしい趣味の世界を楽しんでもらえれば私も同じ趣味を持つもの同士としてとてもうれしく思いますし、
お互いに助け合いながら喜びを共有していければと思いますので、これからもよろしくお願いします。


ということで、最後まで長々とお付き合いいただいた皆様にはこんなニュースをお届けします。
もうご存知だと思いますがアフガニスタン、イラクで撤退に伴い予算が掛かるために本国に持って帰れなず
現地で廃棄されるHMMWVが1万台以上にものぼるそうです。

http://www.galwayindependent.com/20140319/motoring/humvees-left-for-dead-in-the-desert-S34219.html

ちなみにほかのソースからの情報ですが現地では1台250ドルほどで廃棄処分されているそうです。
250ドル!!27000円ですよ、にまんななせんえん!1台が、ニマンナナセンエン!!!
10台買っても27万円!!20台買っても54万円!!とりあえず深呼吸・・・
まぁ、買ってからも持ってこれない可能性がかなり高いですけどね。
万が一賄賂賄賂で持ち出せても書類が無ければ国内では登録できませんので
書なし部品取りをたくさん持ってるだけになっちゃいますけどね・・・
ちなみにバクダッドまでの格安航空券は往復で12~13万円で有ります。

もし興味のある方は・・・
私の分も2台お願いします。できたらECVのエアコンつきで!

また、今回の大量廃棄で確実にHMMWVの時代は終わり次世代車両に切り替わると言われてますね。
戦争の仕方が変わるということですか?いよいよ火種をアジアに移してくる日が迫ってるんでしょうか?

  

Posted by HMMWV44  at 01:13Comments(6)HMMWV輸入車両

2013年11月29日

近況報告 アメリカ市場考察 新規入荷予定のお知らせ

今年は残暑長引いていきなりの冬支度を急かされ四季というより三季?かと思うほどあっけなく季節も変わり馬肥ゆる暇も無いほど短かった秋も終わりを告げてしまい大阪では初雪が観測されるなか北のまちではもう悲しみを暖炉で燃やし始めたらしい今日この頃皆様いかがお過ごしでしょうか?

(句読点を入れないと村上龍っぽくなるかテスト)

読み難いですね・・・句読点は大切にしましょう。

今年は台風も多く大島での台風被害、またフィリピンでも多くの犠牲者を出し、この場を借りて被災されお亡くなりになられた方々にお悔やみを申し上げます。






さて、前回までのあらすじですが、長らくオーナー様よりお預かりしておりましたM1097A2、 
そうです、あのM1097A2がこのたび無事に新たなオーナー様の下へ嫁いでいかれました。
現在アメリカでもなかなか入手の難しいA2、もちろん国内に1台のみの車両ですので楽しんでいただけると思います。















また、部品などでお困りの際にはお気軽にご連絡いただければサポートさせていただければと思います。











さてさて、以前もお伝えしましたとおり、最近はご存知のとおり円安とアメリカからの車両、部品の輸出に対しての規制が厳しくなってきてるという
ダブル向かい風状況でして、今までご注文いただいた部品を取り寄せる状況が続いておりましたが、
そうも言っておられず、アメリカより車両の紹介がゾクゾク来てますので、
そのうちの比較的お手ごろかつ魅力的な(現実的な)数台をちょこっと紹介させていただきます。


まずはM1045

外観は中の上ですがスラントバック、ハードトップ、バリスティックドア付です!!











エンジン足回りとも機関の調子は良いとの事ですので、
細かい部分のさびを落としてお好きな色に全塗装すればかなりいい感じに仕上がるでしょう。










スペアタイヤキャリアも付いてます。












勿論サンルーフ付です!!










アメリカ市場でも非常に人気のスラントバックつき車両です。
おそらく直ぐに売れてしまうでしょうが、まずはアメリカ本国よりも先に公開させていただきますので興味のある方はお早めにご連絡ください。







お次はM998です。























新品のソフトトップもついて塗装済み、非常にきれいな仕上がりです。



コチラの車両もかなりお手ごろに乗り出し出来ると思いますので、それほど気合入れてレストアしなくてもお気軽に乗ってみたいという方はいかがですか?


















次はこちらのきれいなM1038です













本当にきれいで内外機関ともに非常に程度が良いです。




が、コチラの車両ひとつ個性的なカスタムを施されておりまして、
それはななんと350LT1、つまりアメリカでは定番のシボレー製96年式中古のスモールブラックV8に乗せ変えて有ります。
もちろんガソリン仕様で12Vです。軽い車体とあいまってかなりパワフルだそうですが、アフターマーケットで改造パーツもたくさん出ているので
400馬力くらいなら結構簡単に出そうですね(汗)
あまりオリジナルにこだわらず、お気軽にアーバンライフをエンジョイしたいシティーボーイの皆さんにはオススメです。






最後に真打登場です。
格安のM998です。

程度は悪いけど時間をかけてコツコツ仕上げて行きたい、今は予算が無いけど少しずつ仕上げていくなら無理も無い
とりあえず欲しいという方にはオススメです。










まぁ、部品は出ますから、時間をかけてじっくり手を入れてやれば故障の際にもトラブル解決できるというものです。
とりあえずフレームは曲がってますので、新品のフレームもお付けします。
動きます。走りますというと解釈の違いがあるかもしれませんので、あえて動かせます。という状態です。
レストアベースにいかがですか?


いずれにせよ高額なお買い物ですから、もし現地で確認したいという方がおられましたら
弾丸ツアーで現車確認に現地までご案内します。


最近の傾向としてはM998、1025と同時に1038など結構出てきてますね。
しかし「海外輸出はお断り」の物件ばかりです。
結局第1世代の車両はパーツを組んでソフトトップ4人乗りで改造されてる車両が圧倒的に多いです。

一応今回紹介した車両に関してはすべて日本でも登録できますのでご安心ください。

極秘情報ですが某メーカーから製品開発用の極上車両が10台まとめて出ております。
金額がアレなもんで指をくわえて見てるしかありません・・・
というよりも軍納入業者なので海外持ち出しにはかなり神経質で日本への持込前提で購入は絶対にできないのですが・・・

フェイスブックページも有ります。
ブログより情報早い場合も有りますので、宜しければイイネお願いします!
https://www.facebook.com/Slantback









  

Posted by HMMWV44  at 18:03Comments(7)HMMWV

2013年10月19日

バリスティックドア 改め Xドア

暑ささ寒さも彼岸まで、最近めっきり朝夕冷え込みますが
皆様いかがお過ごしでしょうか?

すっかり更新してませんでしたのでご無沙汰してます。

さて、課題の件ですが、
Xドアをご要望されるかたからお問い合わせをたくさんいただきましたので、
バリスティックドアの鉄板を剥がしてみました。












リベットでフロント20箇所、リア25箇所止めてあるのをドリルで揉みます。
リベットの素材はアルミなので頭を少し揉んでやればすぐにはずれます。

















パカーン、ご開帳!鉄板2枚剥がした下には樹脂の素地がそのままのきれいなXドアが出てきました。


















Xドアとして放出されたものにくらべても鉄板がついていただけあってヨレもなく、塗装を重ねられてないので
Xの造詣のエッジがとてもシャープです。これは何度も塗り替えられたようなものでは角が丸くなってしまいます。
下地を処理してお好きな色に塗装していただけます。
水洗いしただけなので、白地に汚れ染みなどは有りますが、素地自体はつやもありとて良い状態です。
















一般的に見るXドアに比べてたて三列にリベットが打ってあるのがわかるかと思いますが、
これは1044のバリスティックドアではガラスも約倍の厚みにしたためサッシレール等の追加部分を取り付けたためです。
このレールによって剛性も若干あがってます。















ヤフオクにも出品していますが、ご要望があれば外した鉄板もお付けします。

鉄板がついていた状態でハマーH-1とほぼ同じ重量でしたが、
外してみると重量はほぼ半分になりましたので、軽量化にも良いかと思います。

リベットを外した穴はそのままですが、塗装する際に、ウレタンで補修しパテで埋める、他の穴もそうでしたが、ボルトナットでとめる、リベットで塞ぐなどで対応してください。

もちろんH1にもつきますのでいかがでしょうか?
現物をご覧になりたい方はお気軽にご連絡ください。





  

Posted by HMMWV44  at 11:39Comments(0)HMMWV部品

2013年05月31日

前回までのあらすじ

皆様御無沙汰しております。

3月1日の更新からほぼ3ヶ月ぶりの御無沙汰です。

一部では私の死亡説 逮捕説 まで出ていたようですが、

お蔭様で元気です。



さてさて、今回は、しばらく御無沙汰していた間にあったことをまとめてアップさせていただきます。

長文なので最初に要約しますと、

円高なので仕入れは控え気味  &  本業でちょっと忙しかった

の2点です。

あと、最近フェイスブックページも始めました。

http://www.facebook.com/Slantback

あまりマメには更新してませんが、よろしければそちらもイイネお願いします。


 さて、皆様御存知の通り、最近の円安傾向は目を見張る物が有りますが、商品を輸入している私のような者にとっては
かなりの向かい風&上り坂な訳でして、良い出物があっても買い控えをせざるを得ない状態、
まさに耐え難きを耐え、忍び難きを忍ぶ状態であります。
しかし、お客様の御注文を頂いたものに関しましては今までどおりお取り寄せさせて頂いておりますので、
お気軽に御相談ください。





さてさて、前回までのあらすじ、
まずは遡ること3月半ばの   H-1改 スラントバック
寒さ暑さも彼岸まで、三寒四温の三の方のとある日、M田様がH-1改でいらっしゃいました。

元はH-1トラックだった車両を民間用の窓無しスラントバックを付けて全塗装,

OD色もCARCグリーンとはまた違った雰囲気で、一見、高起動車のようにも見えますが、なかなか迫力ありました。







しばし並走しましたが、春休みに入ったろう自転車の子供達も信号でとまる度に人気者になってました。
近くに自衛隊も有るので高起動車など見慣れてる子供たちでさえ
本能的に何か違うのが分かるのでしょうか?






カチ上げマフラーも決まってます。










アンテナマウント他パーツ類をご購入いただきました。








そして  ゴールデンウィーク前のM1025

オーナー様より連絡がありGW中に乗りたいのだけどちょっと見てもらえますか?
ということで連休前にお車を見に行きましたが、いくつか気になったことがあったので
御相談のうえ大事を取って整備することに、念のためローダーを手配して工場へ、








車検を取られてからまだ一度も公道で運転していないということでしたので一通りの操作を説明させていただきました。








民間のH-1との大きな違いはライトの点け方、ワイパー、3速ATにはPが無いので駐車時のサイドブレーキなどですが基本的な操作を説明させていただきました。








Xドアもデッドストックというより新品がついているので各エッジもシャープです。







バリッとしてます。








LEDヘッドライトをご購入いただき国内で最初につけていただいた第1号です。

明るさには満足して頂ける事と思います。




さてさてさて、ここからは本業のお話ですが、

http://hmmwv.militaryblog.jp/e366628.html
でも書いたように私の住む茨城県土浦市はカレーのまちづくりを進めております。

そして最近テレビでも取り上げられている地元土浦の宝、
筑波山麓の豊かな自然に育まれ、
全国枝肉品評会にてM坂牛やY沢牛、K戸牛など名立たる銘柄牛のなかでも頂点の
最優秀賞を2度も受賞している土浦産最高品質のA5等級の黒毛和牛「幻の飯村牛」

そんな最高に美味しいお肉を使って贅沢なレトルトカレーを作ってみました。







220g中にA5等級の黒毛和牛「幻の飯村牛」の肉塊がゴロゴロと75gから80g入ってます。






もともとパッケージのデザインが本業の分野ですが、流れで中身も、そして気がついたら販売元になってました。

詳しい内容はこちら
http://www.tsuchiura-foods.com/

販売店情報で市内で取り扱っていただいてるお店、ネット通販などの情報もございます。

こちらもFBページ作っちゃいました。
http://www.facebook.com/tsuchiura.foods
良かったらイイネをぽちっとお願いします。


お値段もスパイスの効いた840円(税込)という中辛なプライス。

トリアエズ何も無いからレトルトのカレーでも食べるか?的なポジションから
美味しいカレーを食べたい時にいつでも食べられる為のレトルト、
一人暮らしやちょっと食べるのに寸胴で何人前も作れない時にどうせ食べるなら美味しい物を、
というポジションを目指し試食に試食を重ね、開発研究を続け、満を持して発売しました。

カレー好きに食べてもらいたい、お肉好きに食べてもらいたい大人のレトルトカレーです。

おっと、いけない、ここはミリブロ、いくら本業といえどだいぶ話が逸れてしまいました。
そこでミリブロの読者様に、こっそりと業務連絡です。
コチラのカレー、業務用10食分2キロ入りパックも若干御用意してますので、
サバゲーやキャンプ、BBQなどにチョット贅沢なカレーでも、というときにお手軽に如何ですか?
詳しくはメッセージでどうぞ。


それではまた次回、がんばって更新できるようにしますので、これからも宜しくお願いします。
  

Posted by HMMWV44  at 23:32Comments(4)HMMWV

2013年03月01日

スラントバックパーツ情報

あっという間にもう2月も終わり3月突入しましたが、

新年度初日を迎える今日、皆様如何お過ごしでしょうか?

さて、去年の夏にサプライヤーからスラントバック入荷した旨連絡があり、

どうやって持ってこようかどうやって輸送コストを抑えようか悩んでいるうちに売切れてしまいましたが、

年末に最後の1セットの話をしているときに、

近々また入荷予定だからといわれ、待っておりました。

今回は機を逃さぬよう入荷と同時に詳細な写真を直ぐに送ってもらうこと、

それまでにこちらも輸送含め各段取りを済ませておくことなど課題がありましたが、

このたびなんとか輸入できる目処も立ちました。

そして入荷の知らせとともに送られてきた写真がこちら


ドーン


M1025から外されたてホヤホヤのスラントバックです。







ハイコレ別カット






リアのスラントバック部分だけのセットです。
ハードトップは別になります。
H1からの改造にはターレット必要ない方にはコチラだけのほうがオススメです。
リアのゲートは国内に在庫がありますのでワゴンの方は屋根切ってつけられます。

もちろんバリスティックドアもご存知の通り国内在庫ございますので、併せてご検討いただけます。
どうしてもXドアが良いという方もご相談ください。写真には有りませんがこちらのサプライヤーで在庫しています。


コチラが外されるM1025です。1台分は限定でハードトップ、フロントウインドウフレーム、スラントバックのセットで丸々1台からのコンプリートでオファーが来ています。

名残雪も~(略)今ぁ春が来て~な感じです。





こちらはスポンソン左右とセンター部分の販売になります。

細かい部品は何とかできる、今急に言われても直ぐには買えないという方、ちょっとづつ集めて行きたい方にはオススメです。





リアハッチの部分です。チョットサビは有りますが、程度は悪くないです。







スポンソン単体でも有ります。左右セットですので、これもコツコツ時間をかけて組んで行きたい人にはオススメです。








ユーズドのトップです。腐りも少なく程度は良いです。ターレット類は付きません








こちらはNOSデッドストックの屋根です。こちらはターレット、ピラー類もつきません。






ガンマウントです。







こちらはNOSです。









ちょっとTOWマウントがつぶれちゃってますが、板金で直してふたをすれば大丈夫でしょう。









そしてこちらがセットについてくるウインドウフレームです。ガラスは付いてきません。








ということで、

フロントウインドウフレーム、ハードトップ、ターレット、スラントバック部分のフルセット

スラントバックのみフルセット

サイドスポンソン左右のセット

リアハッチドア単品

ハードトップ単品

その他

となります。

ターレットのハッチは新品で国内在庫あります。

ターレットベアリングも新品で国内在庫あります。

送料を抑えるために一度にまとめてコンテナで運ぶのが理想ですので興味の有る方ご連絡ください。

いつ手に入れますか?   今でしょう

ご連絡お待ちしています。


  

Posted by HMMWV44  at 00:01Comments(2)部品

2013年02月28日

入荷情報

暑さ寒さも彼岸まで、三寒四温な今日この頃
皆様如何お過ごしでしょうか?


昨日は満月だったので今宵の月も霞の中でなかなかいい感じでしたが見られましたか?


先ほどラジオで今年は花粉に含有する放射性物質が2年前の震災直後に対し3分の1の含有量だと言ってましたが、
今年は例年に比べて7倍の花粉が飛散しているそうです・・・
もうわけが分からなくなってきましたね。
オマケに中国からのPM2.5の飛来もこちら関東でも観測されてるということで、
環境時順応力旺盛な私は鼻毛の伸びが止まりません・・・


さて、そんな育毛できる底力が有るならもう少し頭頂部方面でがんばって欲しいと思いつつ
新たに商品も入荷しましたのでちょこっとずつ写真をアップして紹介させていただきます。




まず初めはこちら、既に人気商品となりましたLED24Vのヘッドライトです。
今回はブラケット付きの入荷となります。









コチラのライトはハロゲンの純正ライトに比べて劇的に明るい上に
ハイロウの切り替えが出来ます。
最近はコレで車検も通ったとの報告を頂きました。










こちら、HMMWVもH-1もですが意外とこのブラケットがサビサビになってしまうようです。
ということで今回はブラケット付きで仕入れてみました。











さて、お次はアンテナマウントです。








これは一番オーソドックスなタイプのマウントですが、国内でミリタリーショップなどで一時期流通していたので
国内で入手できる物ならあえて仕入れなくてもいいかなと思っていましたが、









最近は放出も無く、アンテナを購入いただいたお客様からお問い合わせが有りましたので
仕入れました。



新品でとてもきれいです。




次はブラックライトです。









これも最近めっきり出なくなりました。あっても程度が悪いものが多いようです。









新品未使用です。









これはボディーに装着する際ののブラケットです。








こちらはリアヴューミラーセット、H-1に装着するオーナー様も増えてますね









新品ですので取り付けビス、金具も付いてきます。









そして今回の目玉、ハンヴィー用ウエストコーストミラーです。











一部の車両では切り替えが始まっているようですが、要は最近の防弾装甲追加でドアの厚みがでた為、
「後ろ見えなくねっ?」 の声にトラックでは定番のウエストコーストスタイルミラーを採用したようです。







最近はレギュラーのミラーにステー延長して装着した写真も多く見られますが・・・

縦長でシャープな印象を与え、人とは一味違うワンポイントに、違いの分かる方にオススメです。










こちらも入荷しました。
H1のストップライトをミリタリー仕様にするのに必要なカップです。









今回は請求書と支払った明細を眺めてつくづく円安を実感しました。

アメリカ国外への輸出に対する規制も徐々に厳しくなってます。
あまり実感は無いですが、アメリカも戦時中なのですから当たり前ですね。

余談になりますが、

日本国内はいまだに平和な雰囲気が漂っていますが、
アメリカは日中開戦へ向け着々と駒を進めているようなキナ臭い話も耳にします。
某島を国費で購入して炊きつけた上島竜平、(これも捨駒で筋書き通りのようですが)
「ほら、お隣さん怒ってるじゃん、防衛費増やそうぜ」と唆されるままに従うようなシナリオ

そんな世界のシナリオライターたちのこれからの展開が知りたい人は直リン貼りませんので
下記で検索してみてください。

GLOBAL TRENDS 2030

70円台とは言いません80円で安定してくれたら良いんですけど・・・
あとはこの緊張状態で更に規制が厳しくなるのは頭が痛いです。





しかし、そんなことにもめげずにこれからも確実に入手はしていきますので、
お探しの物がございましたらお気軽にお問い合わせください。

















  

Posted by HMMWV44  at 01:01Comments(0)部品

2013年02月18日

M35A2 目覚めました

2月もあと残すところ10日ほど、

気温も緩んだと思ったら寒さがぶり返したりと油断できませんが

土筆の子が恥ずかしげに顔を出しそうな今日この頃

皆様如何お過ごしでしょうか?



さて、先日M35A2をお探しになっていたお客様にご紹介するため、車両の保管してある関西某県に
お伺いしてきました。

現オーナー様より送っていただいた写真では拝見しておりましたが
実際車両を見ての第一印象は 「程度良すぎ」 でした。


事前にバッテリーを現地に送って置いていただいたので
12Vのバッテリー2つ掛けで始動させました。










新品のラダーも付いてます。そのほかにもフィルター類各種オマケつきです。














こちらは米軍から放出されたときのディスクリプションボードです。
そのまんま残ってるのも貴重ですね。
当時放出された車両の中でも一番程度が良かったコチラの車を入手されたそうです。

額装して飾っておきたいですね。








フロントですW/Wウイズウインチ ウインチ付きは貴重です。コレだけでパーツで3000ドルはするでしょう。













うっすらとホコリが被っていますが程度は驚くほどよいです。











ウインチ右側から見るとこんな感じです。













右助手席のドアです。錆など全くありません。












幌は新品に交換されてから室内保管だった為きれいなままです。
留めるゴムは経年劣化で切れていましたがトラック用のゴムバンドで代用できます。












左側運転席のドアです。
へこみゆがみも無く、再塗装したような跡も無く本当にきれいです。











ドアの内側もこんな感じ、しつこいようですがきれいでした。
それでは中をのぞいてみましょう。













ハンドルにはうっすらと白錆びのような物が浮いてましたがとてもきれいな室内です。
シートカバーも10年前に新品に交換されています。













スイッチ類です。さすがトラックです。スイッチ類も多くエンジン始動の儀式的な操作など初めての方は戸惑うかと思います。









ヒーター付です。









データプレートです。間違いなくM35A2のW/W純正ウインチ付きの証です。



















5281マイル 660時間という奇跡の低走行!1985年製造で放出されたのが2000年ですので
巷の60年代70年代の放出車両に比べれば桁違いな程度のよさです。









見てくださいこの下回り!!










コンバットタイヤも10年前に新品と交換され、ヒビひとつ無く10年間放置でもエアの抜けも全くありませんでした。
フロント右タイヤ1本だけに気持ちエア抜けが見られましたが
リアデフは1986年に日本で一度OHされているようです。









アンダーコートをびっちり塗ればきれいには見えますが、コレは塗装の厚みから見てもオリジナルな状態のようです。
本当に奇跡の状態だと思います。










若干のブレーキの固着はありましたがシュー交換すれば問題なしです。
ブレーキホースとフェールド交換すれば完璧です。









タイヤ周りのボディー下部分、どうですか?この程度の良さ!
アメリカ国内でもここまで程度の良いノンレストアの車両は珍しい、というか無いと思います。














さすがに10年放置していた軽油は腐敗していやなにおいを立てていましたが、
そこは「マルチフューエルエンジン」です。もしかしたらと各オイル、冷却水をチェックして




バッテリーをつないでスイッチオン!

エアタンクのエンプティーを知らせるブザー音の中
右手でスタートボタンを押すと長めのクランクの後に黒煙を噴きながら10年の眠りから目覚めました。

ドドドッドヒューン ドドヒューン と

ディーゼルエンジン特有のガラガラという異音も無くターボの大型タービンが小気味よくヒューンヒュンと回転にあわせて
咆哮を上げ機関の調子のよさを物語っていました。

さすがに腐った燃料ではアイドリングは安定しないのとエアホーンの電磁バルブが固着していたようでホーン鳴りっぱなし、
つまりエア抜けっぱなしだったので車庫からちょっと出してまた元に戻しました。
エアがタンクにたまらないとパワーステアリングも利かないのでハンドルは鬼のように重かったです。

次回はオイル交換してエアホーンも交換、燃料を入れ替えれて仮ナンバーで試乗できると思います。



程度は良いとは聞いていましたが10年間放置されていた車両でしたのでちょっと心配していましたが

実際に見てみると驚きの連続でした。おそらく国内はもとよりアメリカ本国でもここまで程度の良いM35A2は

無いのではないでしょうか?まさに奇跡の一台でした。


現在商談中です。  

Posted by HMMWV44  at 23:27Comments(0)車両

2013年02月01日

Ibis tek Front Protective Bumpers

さて、あっという間にもう2月ですが、
インフルエンザの猛威も徐々に沈静化してきている今日この頃
皆様如何お過ごしでしょうか?

昔から二八といって2月と8月は消費が伸び悩み
商売が停滞する季節といわれてますが、
まぁ私にとってはこの消費の停滞よりも急激な円安のほうが
直撃しており、ダメージが大きいです・・・

さてさて、今回はタイトルの通りHMMWVの大型バンパーのご紹介です



コレです。




アイビステック社の強化バンパーですね。
ホームページはこちら
http://www.ibistek.com/



こんな感じでデカイです。

重量はだいたい26キロぐらい・・・



でも格好良いじゃないですか。
40センチ近く前に伸びますがこれなら縦列駐車も怖いものなしです
安全性もばっちりです。


たまに中古で出るんですよね、大体600ドルから1000ドルくらいなので相場的に5~9万円くらいですか?
現地価格で、それをアメリカ国内で港まで運ぶとすぐに600ドルくらい掛かってしまいますが・・・

一度ニューイングランド州(東の果て)で売りに出ているものをカリフォルニアの港まで送ってもらうよう見積もりを出させたら送料1000ドルっていわれ、断念しました・・・
現地で2000ドルは・・・ と思っていたらすぐ売れてしまいました。(しかも今より円高時・・・)

コレ、結構人気商品で売りに出たと思ったらあっという間にSOLDになってしまうんですよね・・・

しかしそんな中でもいつでも手に入る業者というのが有りまして、
要は高いからいつでも在庫してるのですけど・・・
でもこればかりは市場原理でしょうがないと思うんです。実際私もここから涙を飲んで購入した事があるんですが、物は確かに間違いなく良いし、メールでのヤリトリなど対応もすばらしかったです。

私も(しつこいようですが)どちらかというと高いとお叱りを受けるのですが、入手困難な部品をそれ相応の努力をして入手しているのでその汗と涙と努力と経費とご理解いただければと思います。

かなり言い訳がましくなりましたが、
上記のいつでも在庫をしている業者から購入しようか検討中です。

送料込みで35万円くらいになる予定ですが、興味のある方はご連絡ください。
本数まとまればもう少しお安くなるかと、

そして続報
スラントバック&ハードトップセットの件

最後の1セットも先日売り切れててしまいましたが、
なんと新たに4セット近日入荷予定です。(現地のショップに)

こちらもご興味のある方はご連絡ください。
詳細、写真が届いたらアップしますので
お楽しみに。



そして最後にアメリカ西海岸最大のミリタリーヴィークルショーのお知らせ

Spring 2013 CAMP DELTA AT TOWER PARK

http://www.mvccnews.net/event_pages/tower_park/tower_park_spring.htm
来る4月14日から21日のなんと1週間ぶっ通しのイベントです。

サンフランシスコから車で2時間ほどのリゾート地で開催されるこちらのショーは
広大なオートキャンプ場を貸切にして入場料は無料の素敵なイベントです。
各テントサイトにはスワップミート式にパーツを持ち寄り販売するそうで、
知り合いの業者やコレクターも出品するそうなので誘われてます。
1日じゃ周りきれない規模のようですが1週間もやってるので・・・


現在行こうかこちらも検討中・・・
場所は以前住んでいたところの近くなので気持ち的には関西方面に行くのと
変わり無いくらいお気軽な感じなんですが、

興味のある方は日程が合えば如何ですか?


それでは皆様良い週末を!  

Posted by HMMWV44  at 18:29Comments(2)輸入

2013年01月26日

最近良いネタ入った?

皆様インフルエンザが猛威を振るい出してる今日この頃いかがお過ごしですか?

帰宅後のうがい手洗いは忘れずに。




なんか最近良いネタ入りました?と聞かれると

麻薬の売人じゃねぇんだから

と出掛かる言葉を飲み込んで

寿司屋じゃねぇんだから 

と、微笑みながら突っ込む日々が続いておりますが、

小さな部品たちはちょくちょく小包で届いております。(業務報告)



さて、このブログのタイトルにもなっております「スラントバック」ですが、
3台分の売り物のオファーがあったのが去年の8月、年末に2台になり、
先日確認したら最後の1台分になったと・・・

しかし近日中に数台分入荷予定ということで、現在引き続き輸送の良い方法を考え中です。

1台分だけでも輸入してしまおうかとも考え中ですが、確実に送料嵩むんです・・・

20ftコンテナ1本使って3台分とかのほうが混載便使って1台分運ぶより安上がりという意味不明な状況がおきてます。
理由は重いから、そしてデカイから・・・ 輸送業者にサイズ形状を伝えるとだいたい扱いを断られてます。

他にNOSの箱入りスラントバックハッチ、中古ですがIbistekのでかいバンパーも有るので一緒に
購入するか検討中です。






あれ?なんか内側の作りがちょっと・・・

もしかしてこいつは?




バンパーはいいとしてもスラントバックの両サイドスポンソンが無ければハッチだけ有ってもしょうがないかな・・・

1台分とその他パーツでコンテナ仕立てようか検討してみます。

ちなみにXドアもありますが興味ある方おられますか?

まだバリスティックドアの在庫もあるのでわざわざXドアは良いかなと思ってるのですが・・・

いずれにしても春までには何とかしようと計画中ですので
乞うご期待!











  

Posted by HMMWV44  at 01:32Comments(0)部品

2013年01月10日

久しぶりの更新で、ご無沙汰してます。

皆様ご無沙汰しております。

遅ればせながら

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

さて、だいぶ放置プレイをしてしまいましたが、皆様お正月明け社会復帰できてますか?

私は日ごろの不摂生がたたり年末の忙しい中体調を崩し、緊急手術で即入院ということで
クリスマスまでの8日間、点滴だけの過激なダイエットを強いられていました。
おかげさまでおかゆから少しは歯ごたえのある物が食べられるようになりましたが
まぁ偏にこれは自業自得なのでしょうがないのです・・・
しかし、ご迷惑、ご心配をおかけしたかたがたには
この場をお借りしまして深くお詫び申し上げます。

さてさて、そんな再スタートの今年の第1回目は
まったりと動画でも紹介させてください。

よくHMMWVの仕様の違いについてご質問いただくのですが、
基本的には第1、第2、第3世代に分けられるモデルは
年代ごとに進化を遂げてきました。

ただ、これは決してM998だからこうじゃなくてはおかしいとかM1025はこうだ、とかも
一概には言えない場合もあり、それは軍用車という特性からも工場出荷時から
故障やアップグレードにより仕向け地にあわせての仕様の変更が往々にして有るからにほかありません。

こちらの動画はテキサス州のレッドリバーアーミーデポという軍と契約した民間の工場で
日々傷ついた車体をオーバーホールやアップグレードされ、再び戦地へ送られて行く様子の紹介です。

レッドリバーアーミーデポの紹介
Red River Army Depot
http://youtu.be/VEtqMUKyqhw


こちらは整備の様子を1分にまとめたもの
HMMWV Reset in 60 seconds
http://youtu.be/1Ja53gbIJTc


そしてこちらは2006年に報道されたニュースで戦地からの穴だらけのHMMWVが
リフレッシュされる様子や、中には現地で鉄板溶接された即席追加装甲の車両なども見られます。
Robert Riggs Report Red River Army Depot Repairs Battle Damaged Vehicles From Iraq
http://youtu.be/qcHLLUaqzxo


このようにして元はM998だろうと996、1037であろうと
使える部分は残し、使えても仕様変更の部品は交換され、再出荷されて行くので
一概にプレートの型式だけでは、また逆に外見からでは判断できない物も多いのです。

最後に、私の個人的に好きなドラマを紹介させてください。
もう皆さんご存知の方も多いかと思いますが、アメリカのHBOが製作した
現代版ラットパトロール!HMMWVが沢山出てきてしかもかっこいい(ここ重要)

「ジェネレーション・キル」です。
ジェネレーション・キル_eps 01_Get Some_1/7
http://youtu.be/4kOrw36g_Ng



これはDVDとか出てないのでしょうか?字幕の表示もトンチンカンなのはご愛嬌ですが
メニューの歯車の左のアイコンで日本語字幕も出ます。

まだ見たことがない方は是非!、オススメです!

ということで、皆様今年もよろしくお願いします。
  

Posted by HMMWV44  at 23:11Comments(2)

2012年10月15日

HMMWV リアハッチドアハンドル

夜中に降った小雨のせいでひんやりとした秋らしい
朝を迎えておりますが、
この週末は皆様いかがお過ごしでしたでしょうか。

また新たな1週間が始まります。

先週末の土曜日は
千葉県香取市の佐原のお祭りを見に行ってきました。
古い町並みに水路と柳の木、その脇の細い道や路地を
巨大な人形を乗せた山車が見事な梃子さばきで進んでいく
様は迫力があります。
また、鼓の入った佐原囃子も雅なものからテンポのよいものまで
ドラマチックな展開で楽しめて、そのお囃子にあわせた踊りもまた
華やかで見入ってしまいます。
ぜひ機会がありましたら関東三大山車祭り、7月と10月の2回有りますので
佐原のお祭りに出かけてみてください。

そして、昨日の日曜日は近所の陸上自衛隊武器学校の一般公開の日だったので
ちょっとのぞきに行って来ました。

お目当ては


これ、





10式

の、上に載っているM2のクレイドルです。

さすがにカートキャッチャー付いてるんですね、

勉強になります。


その他にも高機動車の新車同様のものなど展示車両も色々盛りだくさんで

90式の試乗などもやってました。



さてさて、そんな週明けの月曜日の朝一番で紹介するのはコチラ







スラントバックのハッチ部分のハンドルです







こちらと表面の傷などはありますが、デッドストックです。







小さく錆もありますが、軽く落ちる程度です。

もちろん完全に稼動します。



なかなか入手の難しい部品ですので、コレクションにも是非、


ほかの商品も追って紹介していきます。  

Posted by HMMWV44  at 06:37Comments(2)部品

2012年10月10日

HMMWV仕様 H-1改 これ、良いですね

Sorry we found out that we can not export these items out of the United States.


「申し訳ございませんが、これらの商品はアメリカ国外へ輸出できないことが判明しました。」


秋深まる今日この頃、皆様いかがお過ごしですか?

嗚呼、まさに情け容赦ない世間の風と飛び越えられないハートのハードル

最近読んだ世知辛いコメント3位以内に確実にランクインする一言です。

そんなことはコチトラ承知で送金してるんじゃないですかダンナって話です。

だいたい既存の殆どの仕入先だったら現地のシッパーに送ってもらい申請して通関無事輸出の手配となるわけですが、

新規の取引先の中には「いや、輸出目的と分ったからにゃ断固としておめぇにゃ売れないよジャップさま」
と、頑なに販売拒否ってくる業者もいるのです。
そういうところに限って、其処でしか扱ってない物を売っていたり他所より安かったりするんですよね・・・

しかし、うっかり輸出しちゃってから大問題になってもそれはそれで大変なんですが・・・

通常お取引している仕入先は慣れたものでOKな物とNOな物は明確に即答してくれるので、
OKなものはそのまま、
申請が必要なものはアメリカ国内の業者へと臨機応変に対応してくれます。

まぁ、こういうのがいやなら一般車両の部品でも扱ってろっていう話なんですけどね、
日本車のUSDM仕様のパーツとか、日本でも人気で登録台数の多い車種用のパーツとかですね・・・

先月末から探していた部品をやっと見つけた新規のサプライヤーからのつれない返事に
3件立て続けに振り回された1週間でした。



さて、今までも国内でハンヴィーの中古車情報を見つけるたびに掲載してましたが
今日はこんな車両も見つけましたので転載します。


http://www.carsensor.net/usedcar/detail/CU0003094650/index.html

ハマー H1 H1 6.5D-T 4WD ハンビー仕様
室内保管  (ブラック)
ハマーJAPAN物 防弾Fガラス 軍用スラントバック 
ECUチューン4WDディーゼルターボ 左ハンドル
ス-パ-スワンパーTSL-SX 38.5×14.5-16.5LT装着
 走行17200マイル
本体価格
(税込) 690.0万円

以前UE様のブログで紹介されていた奈良県のショップで実物のスラントバックから型を起こした
FRP製のスラントバックのようです。リアハッチの内側の造詣まで見事に再現されています。
リアハッチハンドルも良い感じです。

低走行の室内保管で程度はとても良さそうですね、しかも内装も快適H-1のまま、
あとはこちらのバリスティックドアをつければ快適M1044仕様に!!












ちなみにコチラはUE様の所有されていたHMMWVコンバージョンです!!

バリスティックドアもをつけてバッチリ決まってますね!









スラントバックへのコンバート代を差し引いてもこれだけ程度の良いH-1ならお買い得だと思います。

あとは、タイヤを36インチに履き替えて(個人的な意見ですが)
窓枠交換すればかなり良い感じになりますよね。(個人的な意見です)
あとは時機を見て サンルーフ ウェポンステーションの追加です。

お勧めです!






  

Posted by HMMWV44  at 23:07Comments(0)車両

2012年09月28日

こうして皆様のお手元に届くのです

昨夜は良く行く近所の食堂が今月いっぱいで閉店すると聞いて

軽く飲みに行き

秋の雨降る中

傘も差さずに帰ってきました。

皆様、風邪などひいてませんか?

我が家は昨夜から毛布を出しました。

もう早いもので9月もラストスパートですね。

来週から衣替えですからね。


そういえば今私の住んでいるのは茨城県の土浦市なんですが



はて、土浦 と聞いて皆様は何を連想しますか?

①カレーのまち、
横須賀、横浜、郡上、鳥取とあわせてカレー五大都市とされています。

②飛行船のまち、
昭和4年人類初の世界一週飛行を成し遂げたツェッペリン伯号(グラフツエッペリンLZ127)が航海中、東洋で唯一寄航しました。

③海軍のまち、 
海軍航空隊、予科練の街として栄えた名残として北関東最大の歓楽街「桜町」は未だに元気です

④レンコンのまち、 
霞ヶ浦湖畔の肥沃な土壌と恵まれた天候で育つレンコンの生産量は日本一です。

⑤花火のまち、 
日本三大花火競技大会のひとつ、全国花火競技大会が来週末10/6に開催されます。



http://tsuchiura-hanabi.jp/
これは意外と穴場ですよ。10月なので肌寒いくらいですが、お時間有りましたらぜひお越しください。
お車でお越しの際は午前中までに着くくらいが良いでしょう、3時過ぎから交通規制です。
見所はやはり、スターマイン!
スターマインの歴史は土浦花火の歴史とまでいわれているほど
大盤振る舞いします。
電車でも上野から常磐線で1時間以内です。


そして上記①~④までの総纏めのような商品がこちら、


http://www.tsuchiura-curry.jp/zeppelin_curry
土浦ツエッペリンカレーデラックス!です。

ちなみにこのパッケージデザインはウチでやらせて頂いております(宣伝) (しかも本業)

毎年11月にはカレーフェスティバルが開催され、県内外からも沢山の来客があります。
詳しくは
http://www.tsuchiura-curry.jp/
今年は11/17開催です。



さてさて、地元愛あふれる「勝手に観光協会」by Jun Miura はここら辺にして、




課題の件ですが、基本的に商品は定期的に船便でコンテナに混載便で輸入しています。
小物や、比較的急ぎの物、混載便に積み忘れた物、精密部品などは航空便で運びます。
単純に船便のほうが安くなりますが、ヤードなどで扱いが荒かったりするので、
特に新品や失くされやすい小物等は航空便で輸入します。

まず、アメリカのサプライヤーから購入した商品が輸出業者に届きます。
そこで輸出申請の書類を作成し通関してもらいます。
ちなみに小物で輸出規制対象外の商品などは直接サプライヤーから発送してもらいます。(これは楽チン)

その後船、航空便に分けてそれぞれ海を渡ってきます。

先日もそんな航空便で商品が届いたので、成田まで引き取りに行ってきました。

ちょっとした小荷物ならドアトゥドアで着いちゃうんですが
今回も税関からお呼び出しです。

まず、荷物が成田に着いた旨、通関業者から連絡が来ます。
自分で通関する事を伝え、成田空港貨物ターミナル内の事務所に書類を受け取りに行きます。

税関からの物言いですが、船便で荷物が大きい場合に全量検査などに引っかかるとパレットを積んだ
トラックごと通すX線検査機に掛けられなんだかんだでプラス10万円くらい費用が掛かってしまいます。
因みにちょっと何かをお願いすると簡単にプラス10万円くらい請求されますので
できるだけ自分で検査申請立会いなどします。





その書類を持って東京税関成田空港出張所に行き通関の申請をして諸費用を計算し

各税金を支払います。これがココは小数点切り捨てて、次にこっちは100の位も切り捨てて・・・と
毎回面倒くさい計算なんです。

そして大体この際に
武器じゃありません。
北朝鮮やテロリストには販売しません。
軍事利用しません。
の三原則的な誓約書を書かされます。
検査後、支払いを済ませ、また最初の業者に納税証明など通関書類を持っていくと
出庫指示書を出してくれます。







その書類を持って指定された航空会社の受付窓口に行くと


書類の確認後、やっと商品を引き取ることができます。

ここまでで大体半日仕事です。






この先はご購入いただいた商品が宅急便で皆様のお手元に届く訳です。








お探しの商品がございましたらお気軽にお問い合わせください。



また、花火に来る際にはご連絡いただければ駐車場無料で用意しますので、
ぜひお越しください。


  

Posted by HMMWV44  at 12:21Comments(2)輸入